君、Operaをつかいたまへ
 
Web kimiope.net

インストール
やり方じゃ
使い方
サクッと各項目
プラグインたち
カスタマイズ
表側の見た目とか
裏側の設定とか
ニュース
ブラウザなニュースたち
とくと覚えよ
マウスゼスチャー
キーボードショートカット
ニュースフィード
使い方と提供元
他ブラウザ
IE・NNのこととか
さくっと比較表
リンク
どこもウチより充実
BBS (RSS)
なんでも書いてや
日記
かなり病んでいる
シャア・アズナブル
赤い彗星★彡
サイトマップ
ただの羅列
アクセス解析
見たきゃ見れよ
ゲーム攻略wiki
おまけ
TOP
表紙さ


[ Top ] > [ 7.23 ja / 7.50 eng / 8.00 eng / 8.50 ja / 9.00 ja / 9.50 ja / 10.00 ja ]

Operaのインストールのやり方っぽい


ここでは、"Opera 7.50 英語版"インストールの仕方と、その日本語化を説明するのだ。
ここ↓からダウンロードしてちょんまげ(激しく死語)
Operaのダウンロード

まずはインストールの仕方ね。のんびり見ていって。
まずはコレ。
Javaを未導入、もしくはわからん人は「Java」に。(同梱のは1.4.2_01)
いや、もう入っちょりまんがな、って場合は「Non-Java」でOK!
ま、あとでココで落とせるから、どっちでも好きにして。
保存先は、デスクトップにでもしとけや。

あ? どこからダウンロードすりゃいいかって?
どこでもいいよ、そんなの。自分で選べ。
Operaに限らず、稀にファイルが壊れてダウンロードされる場合が
無いとも限らないので、なんかインストールできないときには
他の場所を選択してダウンロードしなおしなさいな。


落としてきた「ow32enen750j.exe」を
ダブルクリックして、ホイホイ進みまくるじょ。

あ? なにが書いてあるのかって?
辞書引け、辞書。
いいよ、いちいち気にしなくて。ハゲるぞ。


んで、お約束の使用許諾所。
下まで読んでいくと、なんとまたもや

「ライセンス登録しない限り、あなたがブラウズした情報は、
全てOpera Software ASAに無条件で送信されます。」

の一文がっっっ!

…だーかーら、あるわけない。


インストール先のディレクトリね。
特に思うところがなければ、そのままにせよ。
家族で共有のマシンやらであれば
「ユーザー毎に個別の設定を行う」のチェックを忘れずに。
Documents and Settings 以下に、個別にフォルダができる。

自分専用マシンなら、offにしとくと商売繁盛の予感。


各所にアイコンを置くかどうか。それぞれ、
・スタートメニュー
・デスクトップ
・クイックランチ
なあんばいだとさ。
いらなきゃ削除すりゃいいんだから、置いとけ。
あとで後悔しても知らんぞ。


相変わらず、なんだかよくわからんや。。。
まぁ、これはいじらずに「進む」を。

下手にいじっちゃって、
Operaを入れなおすハメになったり、
OSから入れなおすハメになったり、
PC自体を買いなおすハメになったり、
そのせいで借金しなくちゃいけなくなったり、
その借金が家族にバレて関係がギスギスしたり、
挙句の果てに家族が崩壊して、、、

しつこいっちゅうの!


Javaを選んだのであれば、無論インストールせよ。
あ、JavaScriptじゃないからね。Javaよ。アプレットとか。
Yahooオークションの、残り時間の詳細だとか、
一部ゲームやチャットだとかで使うヤツよ。
混同しやすいから間違えないように。

は? わからん?
勉強しろ。


苦節46年。ようやくインストールまでこぎつけた。

がしかし、本当の試練はこれからであることを
とくと肝に銘じ、覚悟し、そして恐怖せよ!(謎


で、SunJavaの許諾書ね。

まぁ、ちゃんと読んでもいいし、読まなくてもいいし。
なんでもいいから「同意」しとけ。


セットアップを「標準」にするか「カスタム」にするか。
激しく運命の別れどころ。

これも、特に思うところがなければ「標準」で進むのだよ。


ほい、完了じゃ。お疲れさまぁ。

そのまま「完了ボタン」で、Operaが立ち上がるぞよ。
そうあせらずに、茶でも飲んで落ち着いてからにしなさいな。


最初のダイアログ。
無償版は広告が表示されるんだけどさ、それのことについて。

あとから変えられるんだから、とりあえず適当にOKを。
なにはともあれ、これでOperaのインストールは完了なのだ。


それでは、お待ちかねの日本語化だ。
まずはココから、日本語設定ファイルを落としなさいよ。
あ、もちろん「7.50」にして「Japanese」にするんだじょ。
そんくらい、言われなくてもやってちょうだい。
あ、落とし先はとりあえずデスクトップでいいじょ。

でもって、落としてきた「ja_74818.lng」を
「C:\Program Files\Opera75」に入れなさいな。

ここまでいいかい?


そしたら次に、Operaの[Tools]>[Preferences]から
「Languages」の部分を、今手に入れた「ja_74818.lng」に
速やかに変えてみるのだっっっ!
そして、OKを連打! 超連打!! 1秒間に512回連打!!!

あ、ついでに
 ・「ウェブページ閲覧時に優先する言語の設定」
  >「japanese [ja]」に
 ・「エンコード情報が不足しているページに使用するエンコード方法」
  >「shift_jis」に
それぞれ変更しておいてねぇ。


そうすると、、、

なんとっ!
いつの間にかメニューやらが日本語になっちょるのだ!!
あら不思議。はてさて不思議。やれ不思議。


あとは、Webページの表示フォントの変更ね。

[ファイル]>[設定]>[フォント]から
 ・通常のテキスト
 ・整形済みテキスト<PRE>
 ・マルチライン入力欄の文字
 ・シングルライン入力欄の文字
 ・ボタンの文字
をお好きなフォントにしたまへ。「MS Pゴシック」とかね。

手作業が面倒な際は、
ココからFontSettingツールを落としてやってみて。

*これはOpera7.50ね

君、Operaをつかいたまへ Copyright (C) 2002-2014 Kimi Opera Wo Tsukaitamahe All Rights Reserved.
できれば無断転載はやめとくれ。リンクは左のバナーを使って勝手にやっとくれ。 - プルァイヴァスィ ポルスィ -